戊辰戦争 蝦夷共和国 蝦夷



明治新政府が同戦争に勝利し、国内に他の交戦団体が消滅したことにより、これ以降、同政府が日本を統治する政府として国際的に認められることとなった。戊辰戦争(ぼしんせんそう、慶応4年/明治元年 - 明治2年(1868年 - 1869年))は、王政復古を経て明治政府を樹立した薩摩藩長州藩らを中核とした新政府軍と、旧幕府勢力及び奥羽越列藩同盟が戦った日本内戦。名称は慶応4年/明治元年の干支が戊辰であったことに由来する。江戸時代の日本は徳川幕府と諸大名による封建国家であったが、戊辰戦争を経て権力を確立した明治新政府によって行われた諸改革(明治維新)により、近代的な国民国家の建設が進んだ。戊辰戦争は研究者によって次のように規定されている。 「日本の統一をめぐる個別所有権の連合方式と、その否定及び天皇への統合を必然化する方式との戦争」(原口清) 「将来の絶対主義政権をめざす天皇政権と徳川政権との戦争」(石井孝)












新しい世界戊辰戦争

Комментариев нет:

Отправить комментарий

СПАСИБО за Ваш комментарий, предложение, вопрос